iPhoneのガラスを割らないためには

iPhoneは手に持って使うものなので、うっかり地面に落としてフロントガラスを割ってしまう事があります。フロントガラスを割らないための対策として、保護フィルムやカバーを使う方法もありますが、普段から使い方に気をつける事も大切です。そこで、iPhoneのフロントガラスを割らないために気をつけるべきポイントをご紹介したいと思います。

●  歩きスマホをしない

歩きスマホをすると、近くに人がいる事に気がつかず、ぶつかってiPhoneを落としてしまう可能性があります。iPhoneガラス割れ修理で急な出費が発生するだけでなく、歩きスマホという行為自体が周囲の人に迷惑をかけてしまう行為になります。歩いている最中にiPhoneを使用しないように心掛ける事で、スマホ使用時のマナーを守ると共に、iPhone本体をキズから守る事が出来ます。

●  お尻ポケットに入れない

iPhoneをジーンズのお尻ポケットに入れて持ち歩いていませんか?お尻ポケットはiPhoneをすぐに取り出せる位置にあって便利なのですが、そのままイスに座り、フロントガラスを割ってしまったという事象も多々発生しています。このようなうっかりミスを防ぐために、なるべくお尻ポケットにはiPhoneを入れないようにしましょう。洋服についている胸ポケットも、前かがみになるとiPhoneが滑り落ちるので、入れない方が良いでしょう。

●  手袋をはめた状態で取り出さない

冬になると手袋をはめて外出する機会が増えますが、手袋をはめたままiPhoneを取り出さないようにしましょう。手袋をはめるとiPhoneが滑りやすくなり、いつもと同じ力で掴んでいても、するりと手から落ちてしまいます。急いでいるときは特に落としやすいので、電話が鳴っても急いで取り出そうとせず、手袋を外してからiPhoneを使用するようにしましょう。毎日使っていると扱いが雑になってしまう事もあると思いますが、iPhoneが高価なものである事を忘れず、慎重に扱いましょう。

iPhoneを落としたり踏んだりしてiPhoneガラス割れ修理が必要になった場合は、あいふぉん修理堂をご利用下さい。持ち込みで修理をする場合は、事前予約をお願い致します。名古屋・豊橋近辺以外の地域にお住まいの方でも、宅配修理を申込して頂ければiPhoneガラス割れ修理が出来ます。

お問い合わせ・修理のお申し込み

Follow me!

お問い合わせ・お申し込みはこちら