iPhoneのバッテリーの残量があるのに電源が落ちる

こんにちは。あいふぉん修理堂です。

月曜日は、風が強かったですね~~

当店の看板も風にあおられ、飛ばされそうになって、慌てて取り外しました。
(近所に迷惑をかけることは極力避けないとね。)

さて、最近のお問い合わせからピックアップ!!

「電池の残量が30%もあるのに、電源が落ちてしまう・・・」

バッテリーの残量表示が30%もあるのに、電源が落ちてしまう・・・

不思議ですよね~~

でも、これ不思議でもないんですよ。

 

バッテリーは消耗品

バッテリーって、消耗品ってこと、ご存知ですよね?

「えっ、ウソ???」

って思った方・・・そうなんです。消耗品なんです。

例えば、今では見かけなくなりつつある乾電池。

あれって充電できないので、(充電式もあるかぁ)例えば懐中電灯に入れて使っていて、明かりがつかなくなったら

「ポイ」

ですよね。

基本的には、それと同じです。

ただ、1つ違うところは、「充電して再利用が出来る」というところです。
また、Li-ion(リチウムイオン)を使っているので、「大容量なのにもかかわらず、小型化できて、使いやすい」という利点があります。

ですが、やっぱり消耗品。

使いすぎれば、いくら充電しても、持ちが悪くなるし、挙句の果てには、お問い合わせのように「残量があっても・・・」の状態になります。

では、どうしたら良いのでしょうか・・・?

対策は何かあるのでしょうか?

答えは分かりますか?




答えは、「交換をする」でした。

消耗品ですから、「ダメになったら、ポイ」です。

思い切って、交換しちゃいましょう!!
そうすれば、買った時と同じように、長時間使う事が出来るようになります。

 

バッテリー交換は意外と簡単。でも・・・

バッテリー交換って、意外と簡単に出来ますよ。

Youtube等でも、交換方法は検索すれば、出てきますね。

ただ、液晶パネルを開けないとできませんから、無理にやると、パネルがダメになってしまいます。そうなってしまうと、パネル交換もやらなくてはいけなくなります・・・

それでは、手間も費用も掛かってしまって、、、

「あ~あ。やめときゃよかった」

という後悔しか残りません。

自信がない場合には、やっぱりプロに任せた方がいいでしょう。

そんな時は、遠慮なくご連絡くださいね。

という事で、今日はここまで。

今日も気合を入れていきましょう

Follow me!

お問い合わせ・お申し込みはこちら